むこう側から  From the far side

2018

『生業・ふるまい・チューニング 小出麻代ー越野潤』/京都芸術センター

'Calling Attitude and Tuning: Koide Mayo-Koshino Jun​​'/Kyoto Art Center

Mixed Media

Demensions variable

 

Photo by OMOTE Nobutada

​cinematography and editing by Shimada Yoshitaka

Courtesy of Kyoto Art Center

日常的に蒐集している石や漂着物を起点として、そこから思い起こされる様々な時間や距離について考察した作品。石や漂着物を撮影したスライドが一定のリズムを刻みながら壁面に映っている。床にはシリコンや樹脂でできた舟、鏡面に天を映す円、枯れ木のような棒がある。スライド、床や壁の作品、そしてそれらが放つ光や像が共鳴し合う空間内を鑑賞者が動くことで、さらにその共鳴は複雑に変化し続ける。 

 

 

1/21

  

All Content is (c) 2017-2019  Mayo Koide  All Rights Reserved